image003_edited.png

看護部長

大北 美恵子

 春江病院には一般急性期病棟、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟があります。急性期の術前術後看護や、理学療法士と協働するリハビリ看護、訪問看護師との連携を含め在宅療養を見越した退院支援看護を実践しています。

 看護補助者と共に患者さんの日常生活ケアを行い、チームの一員として、医師、理学療法士、薬剤師、MSW、栄養士、事務職の方々など、多職種の仲間と、患者さんに『春江病院にかかって良かった』と、思ってもらえるようチーム医療に取り組んでいます。

 看護提供方式は、PNSを取り入れています。日々、ペア看護師とコミュニケーションを大事に協働することで、安全でより良い看護の提供は勿論、目の前で先輩看護師の看護実践や臨床判断のスキルを学ぶ教育の場にもなっています。

 看護部として、看護部職員が『看護のやりがい』を感じられるよう目標を掲げ、皆で目標に向かって明るく楽しくチャレンジしています。

 「地域にあって良かった 患者さんがかかって良かった 職員が働いて良かった」と思い愛される病院であるために、看護部職員皆で力を合わせて努めていきたいと思います。